検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

人気の記事
宅配便を受け取った時のエピソード

宅配便を受け取った時の印象に残っているエピソードは

■ 46歳 : 女性の話
宅配便を受け取った時の印象に残っているエピソードは、3か月前に予約していたのにすっかりそのことを忘れていた商品を受け取った時のことです。

その時、自分が買ったものだとは思わず、予約した覚えはないなど、とんちんかんなことを言ってしまったような覚えがあります。今では、数か月前にネットショップで予約した商品のメールは、きちんととっておくようにしていますのでこのようなことはありませんが、当時は思わず笑ってしまうようなエピソードでした。

その他に思い出に残っているエピソードは、何年か前、母の日に本を注文したときの話です。
この時受け取った宅配便の箱は、何故か端が濡れていたので慌てて開封して中身を取り出さなければなりませんでした。
母の日には、宅配便のドライバーさんは、カーネーションの生花も一緒に運んでいるらしいことを、この時に知りました。
ちなみに、現在では宅配便のドライバーさんは、カーネーションの生花と普通の荷物を一緒に運ぶことはないそうです。

先日大雪が降った時に、雪の中数日遅れで頑張って宅配便を届けてくれたドライバーさんのことも忘れられません。仕事とはいえ、大変な思いをして配達しているのだなと、この時に思いました。

Copyright (C)2017宅配便を受け取った時のエピソード.All rights reserved.